FC2ブログ

波留色☆杏姫色

ARTICLE PAGE

マイペース

食べ物に対して、波留と杏姫の心の余裕というものは大きく違うように見える。
何がそうさせてしまったのか分からないけれど、どっちもどっちだと思う2匹の状況だ(笑)


例えば、日々のご飯時の2匹は・・

波留は、良し!の合図を出すまで、実に真剣に待つ。
その顔からは、微塵の余裕も感じられない。
全神経、フード容器に注がれているといった感じ。
長く待たせると、体を小刻みに震わせて必死に待つ・・。
合図と共に、食べ始め即効で食べ終わる。
もっと、ゆっくりと食べて欲しい。


杏姫は、良し!の合図を出してから、食べ始めるまでが長い。
しばらく容器を眺めて考えこむ素振りを見せてから、おもむろに食べ始める。
そのまま食べないのでは??と、毎回とても心配だ。(食べない時もある・・)
食べ始めてからも、一口分を口に含んでは容器から顔を反らして食べ、
時には1口分を含んでわざわざ場所を移動して食べる。
食べ終わると容器の所へ戻ってきて、また一口分を含ませてまたしても場所を移動してもぐもぐもぐ。

行ったり来たり面倒ではないのだろうか・・。

波留は、食べ終わるまで容器から顔を上げたり反らしたり移動したりしないので、本当に対照的(笑)


波留のように早いのも困るし、杏姫のように超鈍いのも困る。

せめてもの救いは、2匹の間で食べ物絡みの喧嘩が起きないことかな。

2007-10-12-1.jpg

スポンサーリンク

Comments 4

キートン

食べ方のそれぞれ個性があって面白いですね~^^
キートンも波留君とまったく同じ!
待つ時はまばたきもしないで真剣だし、食べ始めたら一回も顔あげません(笑)
友達の所のワンちゃんは杏姫ちゃんのようにやっぱりゆっくりのんびりと食べてるの見て、男の子と女の子の違い?なんて思ったりしてたけど違うのかな?^^

↓青森に行ってきたんですね~~♪
コテージ、すごくいいなぁ~~^^
のんびりお散歩も出来て、波留君と杏姫ちゃんの車で待ってる時の顔も嬉しそう♪
楽しい旅行だったね~~^^

2007-10-12 (Fri) 19:42 | EDIT | REPLY |   

波留ママ

★キートン様
キートン君も、波留タイプですか~?
それは、ちょっと意外でした(笑)
でも、心強いです、えへ。
杏姫は、本当にのろくって・・・。
食べてる途中に気になる音とか耳に入ると、もうご飯はいらなくなって、気持ちがそれてしまうんです。
だから杏姫が食事中は、私は動かずにじっと待ちます。
波留は、周りで私が何をしようとどんな音がしようと食べる事に集中してあっという間に食べてくれるので、その点は楽といえば楽です、あはは。

お隣の青森までは車で2時間くらいなので、遠すぎず近すぎずといった感じです。
コテージ、食事こそ自分達で用意しなければなりませんが、自分達のペースで楽しめるのが良いです。
あと地元の食材を調達して料理をして食べるのもまた楽しみになっています~。
北海道へ旅をした時も、富良野のコテージにお世話になりました♪
中富良野のスーパーで地元の食材とお肉などを買って、コテージで調理して食べました~、美味しかったです!
色々と旅行をしていますが、やっぱり北海道は最高です~!
こうして書いていたら、気持ちが北海道へ飛んでいってます(笑)
また行きたいです~北海道♪

2007-10-13 (Sat) 00:26 | EDIT | REPLY |   

アトムセブン

うはははは~^0^
はる君とアトム、あきちゃんとセブンが全く同じで~す。
先住犬は、焦ってるのでしょうか?
それとも、単に食い意地が張ってるのでしょうか(≧m≦)ぷっ!
フタリいると面白いですね~~。
はる君たちは、食べ物でケンカしたことないんですね。
なかよし兄弟と言っているアトセブは・・・
ス、ス、スナギモで過去2回、取っ組み合いのケンカしました。
その姿を見て、はっきり言って『あほか~(´Д`)ハァ・・・』と思いましたよ。

2007-10-13 (Sat) 10:43 | EDIT | REPLY |   

波留ママ

★アトム姉様
先日は素敵なお話をどうもありがとうございました~!
ワンコ達の心って本当に純粋無垢、綺麗な心だな~と感じました。
でも、波留杏姫がアトセブ君たちのような飼い主想いな綺麗な心を持っているかは微妙です(笑)

食べ方、私もいつも感じていました。
セブン君ののんびり食べる姿をブログで拝見して、杏姫とだぶるな~って(笑)
アトム君は、波留タイプですか?あははは。

砂肝事件・・・笑
仲の良いアトセブ君たちがマジ喧嘩するほど砂肝が魅力的なんですよね♪
波留に砂肝与えると、カプッ。ゴクッ。と味わう間もなく飲み込んでしまいます。
少しは砂肝の味を堪能して楽しんでもらいたいものです、とほほ。

2007-10-13 (Sat) 18:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply